お問い合わせ

携帯電話(直通)
090-6801-6986
事務所固定電話
0584-84-2339

庭吉日記

シマトネリコの剪定のおはなし

DATE:2022-11-04 15:52:50 | CATEGORY:垂井の庭師さん

みなさまこんにちは。髙木です。

 

剪定の内容でブログを書くのはもしかして初めてかも。

少しマニアックな、剪定のおはなし。

 

シマトネリコ。

良い木ですよね。シマトネリコの良いところ。

 

・自然樹形でふわっとした形

・洋風の家に合う樹木

・白い綿のような花が咲く

・虫がつきにくい

・病気になりにくい

・性質が非常に強健

・常緑樹なので落葉樹のように一気に落葉しない

・値段がリーズナブル

 

シマトネリコの悪いところ。

・強すぎる。(成長が早すぎる)

 

といったところでしょうか。

 

成長が止まってくれればすごく良い木なんですけどね。

10年ほど前に1.5m位の株立ちのシマトネリコを植えて、建物の2階位まで大きくなってしまって、何とかしてほしいというご依頼が非常に多いです。

 

そして、この木の不思議なところ。

剪定をすると成長スイッチが入り、反発して元気になってしまうんですよね。

 

 

こちらのシマトネリコは、前年軽めに剪定をしました。やはり反発して鬱蒼としています。

一般的な剪定の考え方の剪定をすると、伸びた分バッサリ剪定をすることになるので、次年度はさらに大反発するというスパイラルに入っていきます。

 

みなさまは栄養成長と生殖成長という言葉と、頂芽優勢という言葉を知っているでしょうか。

バッサリと剪定をすることで、シマトネリコは「子孫をつくっている場合ではない!もっと大きくならねば!」となって、強い芽を出します。花、実を付けるのはその後だ。

これが栄養成長状態です。

 

逆にシマトネリコの生殖成長状態とは。

花、実を付けるために成長している状態です。そのエネルギーを花や実をつくる為に使うので、枝は余り伸びません。

シマトネリコの限っての事ではないですが、生殖成長状態の木は、大人しくて個人的には好きです。

 

ではどうやって生殖成長状態に持っていくのか。

 

 

少し脱線して、剪定を語ると・・・。

 

剪定の基本

1、アウトライン(樹形)

2、濃さ

3、良い枝の線をつくる

この1,2,3の順番に重要度があります。

 

1、アウトライン

樹形のきれいなラインが出ているか

職人用語でいう「飛び」が出ていないか

モミジなどの枝の線で魅せる木はセンス。

 

2、濃さ

葉の重なり、量によって鬱蒼とします。

どこから見せたいのか、何を見せたいのかによって、濃さは変わります。

京都の技法「透かし」はこの濃淡の感覚が絶妙です。

庭師の勘どころというやつです。

 

3、良い枝の線をつくる

プロの世界では一番重要視されるところです。

生け花のように、究極の美は「引き算」と考えると、剪定は引き算で、線による構成の美しさこそが、究極だと考えます。(個人的な意見です)

植物本来のきれいな線を、いかに描いていくか。

3年後、5年後の枝の線がイメージできないと、切れません。

「何故この枝を残したのか」という先人の意図(メッセージ)を読み取る。

職人の世界は奥が深くて面白いもんです。

 

この3つを常に意識しておくとGOODです。

 

そしてこのシマトネリコは、2の、濃さに大きく問題があります。

 

解決策は・・・葉の量を減らすために、葉をむしる

 

ということですね。

 

ハサミは一回も使っていません。葉むしり。

通常剪定の10倍位、手間が掛かりました・・・。

 

来年どうなっているかな。

 

頂芽優勢についてはまた今度。